手を使うこと祈ること

手を使うこと   と   祈ること

「あなたは手を使って癒す人」と言われたことがあります。びっくりするぐらい何回も。

リンパケアの施術をしているので、わあ!ぴったりやわ嬉しい!と思ってその言葉を受け取りました。

お客様から施術後のお身体の軽さに「手からなんか出てるんじゃない?」とお喜びの声を頂くことも多いです。

 

そっとさわるのが得意なようです。

優しくふれるのが大好きです。

撫で撫でするのも大好きです。

 

手を使うことが好き。

パンを焼くことも好き。1回焼くのに4時間ぐらいかかります。最近はその4時間が取れるなら、孫のおもりがしたくて、あまり焼いていませんでした。

今日は、なんだか焼きたくなって。

手を使いながら祈っています。

 

大切なひとをなくしたお友達がいてて。彼女になんて言葉をかけたらいいか、と思ってて。

わたしも、ちょっと思い悩むことがあって。

この気持ちをなんて表現したらいいか、と思ったりして。

言葉は「それ」にするとたちまち少し違うと思って。わたしのなかの「これ」は見つけた言葉とはやっぱりズレていて。

そんなズレた言葉で、上手く伝わるのだろうか。と言葉にするのをためらって。それならばもう何も話すまいと思った事もあって。

でも、話さないと分かり合えるはずもなくて。

手を使って無心になって。

パンのことだけ考えて。

無心の先に祈りがあるのやろか。

そう思って手を使う。手を使い祈っています。

PAGE TOP