施術ベッドの上の涙

ケアカウンセリングでは、カウンセリングをしたあと、施術ベッドに横になっていただきリンパケアをします。心が充分にほぐれてゆるんだ後のリンパケア。身体のお手あてです。

 

お手あてで大切にしているのは、宝物のように扱うということ

 
リンパケアの施術をしながら、おうちでできるセルフケアもお伝えします。その際にお客様からの質問がありました。
「宝物のように自分を扱うって、どういう事かわからない」と。

 
わたしは、こうお伝えしました。
 
お互い子どもを持つ母として、生まれたばかりの我が子をこの腕に抱いた時に、こんな風に思いませんでしたか?

『こんなに柔らかくって壊れてしまいそう。だけどパワーの塊!とても大切で尊い存在』

 
 
と、思いませんでしたか? 今あなたにその感覚で触れています」
 
理論的な「リンパ間質液を循環させるための微弱刺激」というお話とは別に、
感覚的にそおっと触れるという、その雰囲気をお伝えしたくて 今日 ふと思いついた表現でした。

 
「触るときは、その感覚を思い出して、宝物を扱うように そおっと触ります。お家でセルフケアをされる時も どうぞ思い出してお手あてしてくださいね」と。
 

こころがゆるむと涙があふれることも

「なぜだろう。泣けてきた」と、今日のお客様。
施術ベッドの上での涙。

 
こころが ゆるむと 理由がわからない涙が溢れてくることがあるようです。
そんな方、多いんです。

関連記事

  1. 一日おふたり様限定

  2. 食べることは あなたにとってどんなこと?

  3. 身体の声を聴く〜なんて言っているのか耳をすます

  4. わたしにできること

  5. 空間を整えること

  6. 2020年で一番お日柄の佳い日にすること

人気の記事

  1. 幸せな女性

    2017.06.25

最近の記事

PAGE TOP