施術ベッドの上の涙

ケアカウンセリングでは、カウンセリングをしたあと、施術ベッドに横になっていただきリンパケアをします。心が充分にほぐれてゆるんだ後のリンパケア。身体のお手あてです。

 

お手あてで大切にしているのは、宝物のように扱うということ

 
リンパケアの施術をしながら、おうちでできるセルフケアもお伝えします。その際にお客様からの質問がありました。
「宝物のように自分を扱うって、どういう事かわからない」と。

 
わたしは、こうお伝えしました。
 
お互い子どもを持つ母として、生まれたばかりの我が子をこの腕に抱いた時に、こんな風に思いませんでしたか?

『こんなに柔らかくって壊れてしまいそう。だけどパワーの塊!とても大切で尊い存在』

 
 
と、思いませんでしたか? 今あなたにその感覚で触れています」
 
理論的な「リンパ間質液を循環させるための微弱刺激」というお話とは別に、
感覚的にそおっと触れるという、その雰囲気をお伝えしたくて 今日 ふと思いついた表現でした。

 
「触るときは、その感覚を思い出して、宝物を扱うように そおっと触ります。お家でセルフケアをされる時も どうぞ思い出してお手あてしてくださいね」と。
 

こころがゆるむと涙があふれることも

「なぜだろう。泣けてきた」と、今日のお客様。
施術ベッドの上での涙。

 
こころが ゆるむと 理由がわからない涙が溢れてくることがあるようです。
そんな方、多いんです。

関連記事

  1. 揺れない。ではなくて、真ん中に戻る。それを繰り返す。

  2. 自分の『好き』を思い出す

  3. それはあなたの価値とは関係ない〜あなたは宝物〜

  4. 決めるということ〜効果のでるひと、でにくいひと〜

  5. ねこ🐈とわたしと。

  6. ごきげんの伝染した世界はとても…✨

PAGE TOP