自分の『好き』を思い出す

~自分の『好き』を思い出す~

その言葉を聞いてどう思いますか。

好き。そして、嫌い。そんな感情は思い出す必要などなく、当たり前に感じるものだと思いますか。

 

 

ちょっと思い浮かべてみてください。

時刻は4時半過ぎ

そろそろ夕ご飯のことが頭によぎります。

買い物に行って夕刻セールになっている物を品定めしながらカゴに入れていきます。

 

 

 

 

こないだ、このパスタのCMやってた時に子どもが美味そう!と言うてたな。

昨日は夫は飲み会だったから今日は胃に優しい物にしようかな。

明日のお弁当にはこの人気の冷食を。

こんな感じでお買い物してる人、多いんと違うかな。子どもの事や夫の事を思いやってそれを優先してる女性。

わたしのサロンのお客様も、そして以前のわたし自身もそうだと感じています。

自分のことは後回し

 

さっきの買い物の事は些細な事だけど、これを毎日繰り返していると、自分の好きは分からなくなるようです。

 

わたしのサロンに最初のご来店時にはお客様カルテにご記入いただきます。

その中に、

今の不調が改善したらやりたいことはなんですか?

それが全て叶ったら何がしたいですか?

貴女がやっていると楽しい事を教えてください。

などの質問があります。

お客様のペンが止まります。なかなか書けないんです。

やりたいことがわからない。何がしたいかって…。やっていると楽しいこと…。

何人もそういうお客様と出逢いました。

 

 

 

わたしのサロンのケアカウンセリングは「さとう式リンパケア」と「カウンセリング」を合わせたメニューです。

ケアカウンセリングは身体も心もお手当てをします。

リンパケアのリンパとは、体のなかの液体。

さとう式リンパケアで、リンパ全体の9割の液体(リンパ間質液)がめぐります。

そおっと触れる事と撫でる事でめぐります。

身体のすみずみまで滞りなくめぐります。

栄養分がゆき届き、老廃物の排出もスムーズです。

縮こまっていた所はみずみずしくふんわりします。

ふんわりとゆるみます。

 

心地よい感覚に包まれて、なかには自分の『好き』を思い出すお客様も。

 

サロンに定期的にお越しくださってる方で『好き』を思い出した方がみえます。

自分の『好き』を思い出したそのお客様は、また再びそれを始められました。それは描くこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がった作品は、すでに世の中に循環して、ほかの方の喜びにもなってみえます。

 

 

 

 

 

 

ご本人の許可を得て掲載させていただきました。

 

 

 

 

 

 

好きと喜びの循環です。

自分の『好き』を思い出す。後回しにしてきた自分のことを大切にする。何が幸せかを知る。

 

ケアカウンセリングで、それが叶います。

PAGE TOP