幸せな女性

わたしは、すべての女性が幸せになることが、世界が幸せになることや!と思っているんです。男性から苦情がくるかな…。

ほんとのわたしの気持ちはどこ?

日本には「男尊女卑」の歴史もあったし。「大和撫子」て言うことばも なんとなく、男性目線の印象が あるんです。

ただの「私」だったのが「女の子らしく」という重荷を背負わされたり「女のくせに」という言葉を浴びたりして、しんどかったという女性たちのお話を何度となくお聴きしたこともあります。女性が、娘であり… 妻となり 嫁であり 母となり…。それが繰り返されて「世代」は繋がっていきます。

 

娘、 妻、 嫁、 母、そんな肩書きのような いろんな洋服を着ていって、その服を整え 認められることに意識が向いていくと、そのなかの「ほんとのわたしの気持ち」に気づきにくくなっている印象も受けます。

 

わたしも 女性だから わかるのかもしれません。良い娘でいたい。良い妻 良いお母さんを目指したい と 思ったこともありました。

いまは、幸せな女性でありたい。と 思っています。

幸せを見つけるお手伝いがしたい

ケアサロンで出逢えた女性を笑顔に、 そのかたの幸せを見つけるお手伝いができたら…と願っています。

 

身体もこころも緩んで整えて、美しく。一緒に  幸せな女性 を目指せたら ええなあ。

関連記事

  1. がんばることとがんばらないこと

  2. 施術ベッドの上の涙

  3. 願望と決意は違う

  4. お手当てで意識が飛ぶ体験をご提供しています

  5. 2017年 夏の記憶

人気の記事

  1. 幸せな女性

    2017.06.25

最近の記事

月別記事

PAGE TOP