わたしにできること

ひとのために、わたしにできること。

ひとのために、わたしならできること。

ひとのために、わたしにしかできないこと。

 

 

とか言っても

わたしは無理はできないし頑張れない。

 

 

心に寄り添うのも

身体のお手当てをするのも

これで十分だと思うことはなくて、もっともっとと勉強は続くけど。それはやりたいからやっていくことで、そこに無理は多分見当たらない。

 

 

 

「てんちゃんを思い浮かべたら幸せな気持ちになった」とか「どこに行っても良くならなかったのに魔法の手だね」とか「絶望が希望になった」とか、そんなことばを頂くと、なんとも言えないきもちになって。嬉しくて泣きそうにもなって。

 

 

このわたしのまんまで喜ばれるんやなあと思って。

 

 

これは、自慢じゃないんです。

 

わたしらしく、わたしがやりたいように、をしていても、喜んでもらえる。

わたしらしく、わたしがやりたいようにしていたら、喜んでもらえることもある。

 

「喜んでもらえることもある」って書きたくて。

あ。太過ぎたか。

 

こともある、って言うたのは「嫌われることもある」を含んでいます。

 

そんな人だと思わなかった。と、ガッカリされる呆れられる嫌われる。

 

もう、そう思われたら、ごめんなさいしかないんです。

 

無理して頑張ってても喜ばれたり嫌われたりするやんなあ。

思うようにしててもおんなじ。。。ならさ、どっちにする?

 

 

 

 

このところ

「いつからそんな感じなん?」と笑って聞かれる事が多くて。

あ。これ褒められてるやんな?😬

いつからそんな感じにゆるいの?いつからごきげんなん?って意味にわたしは受け取ってます。

 

 

5年前は、全く今と違ったと思います。けどこの数年の間にだんだんどんどんこんな感じになってきました。

何回か「何がキッカケなん?」とも聞かれました。

そんなん分からないんです。いろんな人のおかげです。

それを言うたら、消したいほど嫌なこともみんなキッカケのタネです。

 

 

 

 

ごきげんなひとが増えたらええなあ。と思う。

まずわたしからごきげんに。そして世界もどうぞごきげんよう🍀✨

PAGE TOP