あるところに可愛い女の子がいました

あるところに

可愛い女の子がいました。

やりたい!

それ好き!

やだ!

したくない!

心とお口が真っ直ぐつながっていたので、感じたことをすぐに言いました。

 

ある日

「やりたい!」と女の子が言った時、お母さまが言いました。

「よく考えて。あなたにはちょっと難しいかもしれませんよ」

そう言われると、失敗したらどうしよう、と初めて女の子は思いました。

恥ずかしいかな。お友達に笑われるかな。

と、それまでは考えもしなかた事を、お母さまに言われてよく考えて想像するようになりました。

 

 

また別の日に

「それ好き!」と女の子が言った時、お父さまが言いました。

「他の人も欲しいかもしれないよ。一番に言うのではなくお友達の様子を見てから言いなさい」

そう言われると、ああそうかそうなのか。一番に言うのは良くないのか。お友達に嫌われちゃうかもしれないのか。と、それまですぐにそれ好き!と言ってた事は、大丈夫だったかなと心配になりました。

 

 

そして、また別の日に

「やだ!したくない!」と女の子が言った時、先生が言いました。

「まずやってみなくちゃ。みんなもしていますよ。やったら楽しいかもしれませんよ」

女の子は、前にした事があるからやだ!と思ったんだけど、

みんなもしてるから、いやだけどした方が良いのかな。

やったら楽しくなるって先生は言うけれど、楽しくないわたしはおかしいのかな。

 

ああ わたしが思うことをすぐに言うのは、ダメなのかな。

好きも、嫌も、よく考えてから言った方が良いのかな…

女の子は、心で思ったことをすぐにお口から出すのをやめました。

よく考えてから、そおっと言うようになりました。

 

ねえねえ、これで大丈夫?

お母さま、わたしはこれで良いの?

お父さま、わたしはこれでお利口さん?

先生、褒めてくれるかなあ。

 

 

女の子は、大人になりました。

心とお口が真っ直ぐつながっていた女の子は、大人になりました。

 

大人になった女の子の心と口はどうなったでしょう。 

 

 

 

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

 

「自分のしたい事がわからない」

「自分の好きがわからない」

「嫌なことがやめられない」

「好きな事をしてる人(子ども)を見ると腹が立つ」

「徒労感が大きい」

「だれも認めてくれない」

もし、今そんなきもちになっているなら、

この女の子のお話にあなたの心はなにか反応しましたか?

 

 

ふうˎˊ˗  長いつぶやき

みなさんには「なんのこと?」のお話かもな。

 

なんか書いてみたくなって…

読んでくださって有難うございます。

 

自分が紡いだこの話、わたしの心も反応しています。

お母さんもお父さんも我が子への愛情から発してかけた言葉たち。

そして、わたしも我が子へかけたかもしれない言葉たち。

 

これは女の子のお話

女の子は女の子の

男の子は男の子の

一人目は一人目の 

ああ、書ききれない。

それぞれのしんどさって、あるのかもしれないね

 

 

3年前にこんなブログを書いてました

そして《 加筆

そして、またそれぞれのヨロコビもあるんやろうね

上で、決めてきたみたいやから

 

‎ ‎ ‎ܰ わたしはお姉ちゃんでやってみる‎ ܱ

‎ ‎ ‎ܰ あの人の子どもとして生きてみる‎ ܱ

 

‎ ‎ ‎ܰ そして、わたしらしさを磨いていく‎ ܱ

そう上で、決めてきたみたいやから

 

 

関連記事

  1. 飛ぶ前には一旦ゆるむ

  2. 自分の『好き』を思い出す

  3. わたしにできること

  4. 「聞けや」ブラック真由美降臨✨

  5. 【出す方が大事】いかに溜め込まないか

  6. 宣言するなら

人気の記事

  1. 幸せな女性

    2017.06.25

最近の記事

PAGE TOP