お熱いのがお好き?〜どうしても熱く語りたくなってきたこと〜

【お熱いのがお好き】

マリリンモンローの台詞に、そんなんなかったっけ?

 

わたし、熱く語る人、苦手でした。

「わあ、そんな熱心によう語り続けられるなあ」

「えー?例外もあるやろー?」

「なんか、取り憑かれたてるみたい」

「もしかして何か売りつけられるんかな」

書いてて、ひどいな😅💦わたしと思います。ごめんなさい。

 

わたしは、もともとすらすらと話せる方ではないので、たくさんの事を話し続けられる人に「羨ましさからくるコンプレックス」があったのかもしれません。

 

そして熱を持って話す人には、その圧を感じて、ひく感じもありました。

話す内容より、その人のエネルギーに気持ちがいきがちなんです。これは、わたしの個性であり、ここからくる「ひく」感じ。

で、苦手、と思うっていう事は、自分にも「そんな事したらひかれるよ。みんなから嫌われるよ」って禁止してる証拠です。

これはこころの仕組み。

苦手な人や嫌いな人は、自分が禁止している事を平気でする人。

 

あ。違うの

今日書きたかったのは、

熱く語るって事について。どうしても熱く語りたくなってきてるわたし自身の変化。自分でもびっくりしています。

 

わたしが今やってることについて。

自分のサロンでのケアカウンセリングには『さとう式リンパケア』を使っています。

リンパマッサージとは全く異なる、押さない揉まないケアです。そおっと触れます。

そおっと、とは5グラムの力が最良です。1円玉5個分です。

お洋服を着たまま、お手当てします。それで、変わっていくんです。

身体のケアやけど、こころも軽くなります。

 

いつも感じていた[なんとなく不調]がなくなった

華やかになったねと言われる

やりたい事が見つかった

幸せを感じる事が多くなった

 

そんなお客様の声を頂くと、

身体とこころは繋がっている。

身体のケアでこころをほぐすことはできる。

と思います。

サロンでは「触っているのは宝物」とお伝えしながらお客様の手にわたしの手を添えています。

 

 

 

 

 

 

その感覚を覚えておいて欲しいから。

『あなたは宝物』

 

わたしは、これは熱く語りたいんです。

 

関連記事

  1. 幸せな女性

  2. ごきげんの伝染した世界はとても〇〇

  3. それはあなたの価値とは関係ない〜あなたは宝物〜

  4. 「聞けや」ブラック真由美降臨✨

  5. 施術ベッドの上の涙

  6. 実験をしてそれを世界に届けたいのです〜トライ&エラ…

PAGE TOP